Ready Go JAPANトロフィー・ウイメンロードレース2016開催のご案内

「RGJロードレース」として皆様におなじみとなりました、女子賞金ロードレース「Ready Go JAPANトロフィー・ウイメンロードレース」、そして男子40歳以上が参加できる「男子マスターズロードレース」が、今年も千葉県成田市の下総フレンドリーパークにて開催決定しました!

<レース無事終了御礼とレース結果発表>
今年の大会につきまして、8月7日(日)に予定通り開催を実施し無事に全てのレース・イベントを終えることができました。ご参加いただきました選手の皆様、観戦などでご来場いただきました皆様、そして何よりも大会開催に多大なるご協力をいただきましたご後援、ご協賛、ご協力の地元自治体、各社、各団体など関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。
そして以下に各レースの結果を掲載します(PDFファイルで開きます)。次回も開催予定しておりますので、引き続きReady Go JAPANチームと今大会企画にご注目のほど、よろしくお願い申し上げます。


※表彰式後、入賞選手たちなどを囲んで記念撮影

*Ready Go JAPANトロフィーウイメンロードレース2016:レース結果
女子W-1結果

女子W-2結果

男子マスターズ結果



ほか大会最新情報は、下記の大会公式Facebookからもご確認いただけます。
https://www.facebook.com/rgjtrophyroadrace/


<大会開催のご挨拶>
NPO法人サイクリスト国際交流協会(本部:千葉県成田市/会長:須藤むつみ)が活動を支援する女子自転車レースチーム「Ready Go JAPAN」は今年で設立8年目をむかえ、総勢6 名の女子自転車レースチームとして各地のレース出場を中心に活動しております。
このチームが2014年から目標として掲げる「日本国内でのUCI 公認女子ロードレースの実現」の手がかりとして、昨年に引き続き女子選手に賞金を授与するレース「Ready Go JAPAN トロフィー・ウイメンロードレース」の2回目の開催を8 月7 日(日)千葉県成田市・下総フレンドリーパークにて開催します。
今年は賞金授与となる対象順位を広げました。更に同日には「第10 回Ready Go JAPAN トライアウト」もW-1 レース内で実施し、賞金獲得とともにReady Go JAPAN へ新規加入するチーム員も決定するという、非常に貴重な場になります。この内容をご案内申し上げます。
※以下の掲載写真は昨年大会の模様です。(写真撮影すべて:加藤 智)

*昨年大会のレース結果はこちらです。
*昨年大会の模様は、下記のシクロワイアード掲載のレースレポートをご参考ください。
http://www.cyclowired.jp/lifenews/node/175302

<Ready Go JAPAN トロフィー・ウイメンロードレース(兼:男子マスターズロードレース)大会概要>
主催:Ready Go JAPAN 女子自転車レースチーム
後援:NPO 法人サイクリスト国際交流協会、成田市、成田市教育委員会、成田ケーブルテレビ(株)※予定
開催日:2016 年8 月7 日(日)
開催地:千葉県成田市:下総フレンドリーパーク・サイクリングコース(1 周=1.5km)

※なお同会場におきまして、東京都自転車競技連盟主催のジュニア選手レース「TCFフレンドリー・ロードレース大会」も同時開催されます。お申込みや大会要項は下記リンクからご覧くださいませ。
http://www.tokyo-cf.jp/schedule/6665.html


協賛(紹介順不同:敬称略)およびご提供内容

三和エナジー株式会社
当日会場にて「生分解性潤滑オイル・BIOBLEND」のブース出展、さらに副賞品ご提供いただきます。
株式会社 秋葉牧場
千葉県成田市の観光牧場「成田ゆめ牧場」からは、参加者全員に入場割引券を進呈、「無料ご招待券」を入賞者へ副賞品ご提供いただきます。
米屋株式会社
成田山表参道にあります、明治32年創業、羊羹と和菓子の「なごみの米屋」からは、参加者全員に「ミニ羊羹」を進呈ご提供いただきます。
株式会社アミックグループ
スポーツを愛する人のための化粧品「アスリートX」を参加者全員にサンプル進呈、入賞者へ副賞品ご提供いただきます。
コーワ株式会社
自転車を国内、そして世界中へ安全に確実に輸送できる「BTB輪行箱」のブース出展、および副賞ご提供いただきます。
  武田レッグウェアー株式会社
特許を取得した左右別設計の高機能ソックス「R×L SOCKS」を入賞者へ副賞品ご提供いただきます。
株式会社 隼
最高のパフォーマンスを目指す人に!「アスリチューン」のブース出展、および入賞者へ副賞品ご提供いただきます。
COSMOS performance consulting COSMOS performance consulting
(コスモス パフォーマンスコンサルティング)
大会会場にてブース出展をおこない「より楽に、より速く走るために。自転車のトレーニング方法に関する最新情報」をお届けします。
日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社  「耳をふさがない」骨伝導ワイヤレスヘッドフォン、周囲の音が聞こえて安心な「CODEO(コデオ)」という製品が出展ブースに登場!当日のブースではCODEOの実物を装着し、試していただけます。この製品については、こちらの特設サイトを是非ご覧くださいませ!!
https://www.ecostation21.com/codeo/
有限会社アンデックスユウ 様々なメーカーのサイクルコンピューターやGoPRO、ライトなど、ハンドルにセッティングできる便利なオリジナルマウントを制作・販売する「レックマウント」がブース出展、そして副賞をご提供いただきます。
有限会社 オンザロード 茨城県の守谷とつくばで、スポーツ自転車専門店を運営する「有限会社 オンザロード」様から、副賞のご提供をいただきます。
※現在、大会協賛を広く募集しております!お問い合わせは、お気軽にEメールでどうぞ!!
m-sudou☆jbrain.or.jp(☆の箇所を@にしてメールをお送りください)


千葉県成田市 下総運動公園(フレンドリーパーク下総):会場ご案内
■アクセス:JR成田線・滑河(なめりがわ)駅から徒歩約10分 / 東関東自動車道成田ICから約25分。さらに下総IC、神崎ICからもお越しいただけます。
■駐車場:会場内にございます(無料)。

<大会要項>
*レースカテゴリー
・女子レース
RGJ トロフィー・ウイメンロードレースW-1:20 周=30km
ウイメンロードレースW-2(上記以外の一般女子):6 周=9km
・男子マスターズ(40 歳以上男子):10 周=15km
※50 歳以上、60 歳以上は同時出走、別途表彰する

*RGJ トロフィー賞金について
・ウイメンロードレースT(W-1)
 優勝・3万円、2位・2万円、3位・1万円、4位から6位・5千円、7位から10位・3千円
・ウイメンロードレースU(W-2)
 優勝・1万円、2位・5千円、3位・3千円、4位から6位・2千円
・男子マスターズ
 優勝・トロフィーと成田市特産品など(ほか50歳以上、60歳以上の優勝に別途表彰)


*スケジュール
<RGJトロフィーウィメンレース・マスターズレース>
11:00 受付開始
11:15 コース試走開始
11:45 コース試走終了
11:50 開会式
12:00 ウイメンロードレース2・スタート(30分)
12:30 男子マスターズ・スタート(40分)
13:10 RGJトロフィー・ウイメンロードレース1・スタート(60分)
14:15 表彰式・閉会式(公民館にて)

*参加費(傷害保険含む)※1名につき
・RGJトロフィー・ウイメンロードレース1:3000円
・ウイメンロードレース2(上記以外の一般女子):3500円
・男子マスターズ(40歳以上男子):4500円

*参加申込み締切日:2016年7月25日(月)

http://www.sportsentry.ne.jp/event/t/66314
お待たせしました!今大会の各レース(女子W-1.W-2および男子マスターズ)「エントリーリスト」を下記アドレスへ掲載しましたので、こちらの内容を各自ご確認をお願いします。
http://www.jbrain.or.jp/rgj/2016rgj-race/20160807RGJ_entry.html

※なお「大会受領書」の郵送やメール送信はおこないません。
お申込み内容と違う場合は、お手数おかけしますが、こちらにメールにてご連絡くださいませ。
m-sudou☆jbrain.or.jp(☆の箇所を@にしてメールをお送りください)


*大会お問合せ先
NPO法人サイクリスト国際交流協会・RGJレース事務局までお願いします。
メール m-sudou☆jbrain.or.jp(☆の箇所を@にしてメールをお送りください)

<大会特別規則>
・使用する自転車はロードレーサータイプとする。またDHバーの使用を禁止とする。JCF規則第5章の寸法表(サドル後退幅など)は適用しない。競技走行に支障があるとみなした場合、修正を求める。著しく危険とみなした場合は出場を認めない場合がある。
・撮影しながらのレース走行は禁止とする。更に自転車に取り付けるタイプのカメラについても禁止とする。
・各レースともにマスドスタートとし、レース中には第3者からの補給は禁止とする。
・各カテゴリーともに、トップを走行する選手がゴールするまで周回遅れについても除外せず競技を続行する。トップの選手がゴールしたら、その後は規定周回に達してない走者もゴール扱いとし不足周回において順位を与える。
・JCF規則に準じた服装であれば、出走時のジャージ種類は問わない。

<注意事項>
・検車はおこないませんので、各自でしっかり整備をしておいてください。
・全カテゴリー、ヘルメット(購入後3年以内の製品を推奨)・グローブ(手袋)を必ず着用してください。
・大会本部・係員の指示に従ってください。
・他競技者の妨害になる行為はしないでください。
・召集時にライダースミーティングを行います。最終的なルール・注意事項等を説明しますので必ず参加して下さい。
・天候の急変、重大事故が発生した場合等、競技続行不可能と判断した場合は、競技中、競技前に関わらず競技を中止します。
・大会当日、競技の進行・天候等によりスケジュール・競技ルールが変更になる場合があります。

*各レース順位について
・順位については競技終了後、本部付近にて表彰対象者の順位を掲示する。
・表彰対象は以下とする。
女子レース・W-1:上位10位までを表彰対象とする。
女子レース・W-2:上位6位までを表彰対象とする。
男子マスターズ:総合成績の上位3位までを表彰対象、ほか50歳代、60歳代の年齢別1位を表彰対象とする。
・リザルト発表後は順位の差し替え、クレーム等は受付けませんので、ご了承ください。

<第10回RGJチーム加入・トライアウトについて>
このトライアウトは、日本人女子選手の育成と自転車を通した社会貢献を目的として、2008年9月に設立したNPO法人サイクリスト国際交流協会の日本初のUCI(国際自転車競技連盟)公認を目指す、女子チーム「Ready Go JAPAN」プロジェクトの一環として実施するもので、広く一般から脚力に自信のある女性アスリートを募集ために実施するものです。

テスト内容ですが、今回の技能テスト(走行試験)は上記の「RGJ トロフィー・ウイメンロードレースW-1」の実戦走行を拝見します。特に技能・運動試験などでは、実際にその模様を多くの参加者や観客の皆様に見ていただくことで、自転車レースチーム加入の仕組みを知り、将来の目標にしてもらう啓蒙活動もおこないます。

第10回「Ready Go JAPAN」トライアウト(選考会)
- 募 集 要 項 -

募集内容 : 今年・秋(9月)より国内外の自転車競技<女子ロードレース>に参戦する、
女子自転車レースチーム「Ready Go JAPAN」選手選考
募集人数 : 若干名
応募資格 :
@体力に自身のある心身ともに健康な、関東在住・在勤の1996年生まれ以前の女性
※目安として20歳以上の方(年齢の上限は設けません)
A自転車走行の経験があり、自身のレース用自転車を所持していること。
※受験の際に使用する自転車はロードレース出走に耐えられるものをご用意ください。
(車種や装備など、ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください)

<受験当日の用意などについて>
技能試験(レース走行試験)では、自転車及びヘルメット等のレース参加時同等の用意をお願いします。

応募方法 : レース参加申し込みと同時に、規定の応募用紙を事務局から取り寄せ、必要事項を記入して事務局に郵送のこと。
応募締切 : 「RGJ トロフィー・ウイメンロードレース」参加申込み締切日と同じ7月25日(月)とする

受験費用 : 上記ウイメンロードレースW-1参加料に含む
問合せ先 : NPO法人サイクリスト国際交流協会事務局(トライアウト担当:須藤)
TEL・FAX 0476-29-4524
Eメール m-sudou☆jbrain.or.jp(☆の箇所を@にしてメールをお送りください)

- トライアウト実施要項 -
実施日時 : 平成28年8月7日(日)「RGJ トロフィー・ウイメンロードレース」W-1レース内
会  場 : 下総運動公園(フレンドリーパーク下総) 住所:千葉県成田市高岡1435
実施種目 :技能試験(RGJ トロフィー・ウイメンロードレースW-1)
※後日、個別面談などをおこなう予定。こちらにつきましては受験選手へ個別にご連絡します。
■タイムスケジュール:「RGJ トロフィー・ウイメンロードレース」のスケジュールに準じます。

<NPO法人サイクリスト国際交流協会会長:須藤むつみからのコメント>
昨今の自転車ブームのおかげでサイクリングや自転車、そして自転車レースへの興味が高まってきております。しかし、まだ自転車レースに参加する競技人口は少なく、特に女子選手の人口は競技人口全体の5%足らずという現況です。これでは優秀な後続選手を輩出し育成するために、自転車レースに興味を持ってもらえるように普及と啓蒙活動がもっと必要な状況になっております。

この度、昨年に引き続き「賞金を獲得できる女子自転車レース」を開催することにより、女子ロードレース選手たちに新たな明確な目標を持ってもらい、女子自転車レースそのもののステイタスを上げることで「自転車レースは恰好良い」と女子選手たちが切磋琢磨する姿で魅力を感じていただける機会を得たいと考えます。

そして女子選手たちの活躍を通して、今後の自転車競技全体の人口を増やすことと共に、このレースから世界のロードレース界に通じる素晴らしい人材を発掘したいとも考えており、この賞金付きレースのトップ女子カテゴリーレースにおいて、10回目の自転車競技<女子ロードレース>チーム参加選手のトライアウト(選考会)も同時に実施いたします。

今年で8年目となる女子自転車レースチーム「Ready Go JAPAN」は、チーム設立より全てトライアウトで所属選手を獲得しております。そして前回のトライアウトで選抜された2名の選手たちは、今年4月からチームの正式所属選手となり、レースを中心とした活躍をしています。そしてチーム一丸となって、自転車普及においても確実に実績を残しております。

今年で結成8年目となるチームは、さらに世界に通用するスポーツ選手の育成をはじめ、自転車を通じた社会貢献活動などを通して、いち社会人として人間としての育成をも踏まえたシステムの構築を進めていきます。今回のトライアウトでは実戦力も重視するため、自転車走行の経験があり自転車を所持していることを条件とさせていただきます。そして、チーム選手の強化計画を更に充実させるため「関東在住・在勤の方」という条件を応募要項に加えさせていただきます。2016年・9月よりReady Go JAPANのチームメンバーになることを目指して、皆さんのトライアウト参加応募をお待ちしています。

TOPICS

Photos
Movies


RGJチーム選手リレーブログ

「Ready Go JAPAN選手たちのワイワイBLOG」はこちらから!



チームを支援するNPO法人

Ready Go JAPANチームの活動を支援する
NPO法人サイクリスト国際交流協会のサイトは
こちらです。