head_img_slim
HOME > ご協賛・ご協力の紹介

女子Qリーグ・中学生Nリーグ協賛

リーグポイントリーダージャージ協賛
 BIORACER/ビオレーサー(株式会社クランノート)
「BIORACER/ビオレーサー」は本拠地をベルギーにおき、1984年にバイクフィッティングシステムを開発、プロ選手へ最適なライドポジションをコンサルティングする事から事業を展開しました。その後、”測定”をキーワードにバイクフレームの提供やシューズの開発をおこない、現在では”勝つため”のオーダーサイクルジャージ・トライアスロンウェアに特化したブランドとして欧州はもちろん世界中で事業を展開しています。 このリーダージャージをBIORACERが手掛けることにより、新たな日本自転車レース界のフラッグシップとなるでしょう。



女子Qリーグ・中学生Nリーグ・ポイントランキング表彰協賛

 株式会社 隼
本物へのこだわり・安全性と品質を大切に、健康に役立つ商品をお手元にお届けする株式会社 隼。会社代表自らが開発した栄養補給・補助食品「ATHLETUNE(アスリチューン)」は多くのアスリートに愛用されております。


 株式会社アミックグループ
株式会社アミックグループは化粧品の成分分析業務を経て、サロン専用化粧品開発からスポーツを楽しむアスリートの肌を守るためのスポーツ化粧品「AthleteX(アスリートX)」を生み出しご好評を得ております。


 武田レッグウェアー株式会社
1997年に世界初の足の形に合わせた左右非対称ソックスを開発した武田レッグウェアー株式会社「R×L」ブランドは、自転車の他にもランニングやサッカーなど様々な競技者の足元を支えています。

  

 アイリス株式会社
工業計測制御システムの設計開発を主な業務でおこなうアイリス株式会社が、その技術を背景に開発した「EXLUB(エクスルブ)」は強力な被膜が劇的な潤滑効果を発揮し、金属摺動部の摩擦摩耗を大幅に改善します。

  

女子Qリーグ・中学生Nリーグ提携レース運営団体

サイクルロードレース協会 東日本事務局(チャレンジリーグ)
特徴:元プロ選手が企画するレース企画、発足当時からキッズ、ジュニアや女子レースのクラスが充実。「参加費レディース割引」も実施。


合同会社LinkTOHOKU(ツール・ド・ふくしま)
特徴:2011年の東日本大震災からの復興を目指し始まったレースシリーズ。地元出身・在住の代表による地元密着型レース企画。復興の未来を背負うジュニアカテゴリーも充実。


株式会社ウォークライド(大磯クリテリウムほか)
特徴:神奈川県を中心とした、気軽に参加できるレースを企画。特に大磯クリテリウムは都内近郊からも参加しやすく人気が高い。発足当時から女子とジュニアのクラス設定あり。


サイクルスポーツマネージメント株式会社(宇都宮ブリッツェン運営会社)
特徴:地域密着型自転車プロチームの草分け的な存在である「宇都宮ブリッツェン」を運営する一方で、10年以上にわたるジュニア育成チームやクラブチームの運営、自転車関連イベントやレース運営もおこなう。


一般社団法人 日本サイクルレーシングクラブ協会(JCRC)
特徴:TOJやジャパンカップとの併催レース開催実施もある老舗レース団体。※2021年12月に法人解散、活動停止


※今後も様々な団体と提携していきます!ご期待ください。

  

女子Qリーグ・中学生Nリーグ運営協力

有限会社デボ


 Flecha



女子Qリーグ・中学生Nリーグ協賛、ランキング表彰協賛を募集中

女子Qリーグおよび中学生Nリーグは、女子および中学生男女選手の強化・育成を目的とし、さらなる女子と中学生選手の自転車レース出場機会を促すことで、女子や中学生などジュニアだけが単独スタート出来るレースを数多く実現し、本来の「ロードレース」など自転車レースを戦い勝ち抜く日本女子選手と日本ジュニア選手を応援するために立ち上げたシリーズ制度です。

レースの本当の意味での「華」として咲かせることは、選手個々の弛まぬ努力だけでは足らないこともあります。そこで、この女子Qリーグおよび中学生Nリーグのランキング制度を通じて、日本の自転車選手の可能性と将来性を、さらに発展させたいと考えております。

この女子Qリーグおよび中学生Nリーグによって、日本自転車界の先見の明を世界に広く示すためにも、ぜひ弊女子と中学生のリーグ活動に何卒ご協賛をご検討いただきますよう、お願い申し上げます。協賛のお問い合わせは、お気軽にリーグ事務局へお寄せください。


 

リーグ協賛のお問い合わせはコチラ

Qリーグ・Nリーグのシリーズ協賛、リーグ対象レースや提携レース、提携サイクリングの協賛につきましては。お気軽に下記のリーグ事務局へメールでお問い合わせくださいませ。

icon メールアドレスm-sudou☆jbrain.or.jp ※☆の部分を@にしてメールをお送りください。
icon メール宛先など題名に「リーグ協賛問い合わせ」とお書きいただき、リーグ実行委員会事務局の須藤宛にお送りください。


ページトップに戻る